休日の過ごし方

私は小学校の休日の過ごし方は、友達と外で遊ぶか、家族と買い物したりレジャーランドなどに行って、家族と触れ合い楽しんでいたことを思い出します。< /br>中学校になったら、それにプラスで友達と買い物に行くことを覚えました。< /br>高校生になれば、自然と家族で出掛けることが少なくなり、友人と遊ぶことと、一人で遊ぶことが半分半分になっていました。< /br>そして、大学、社会人と経験した現在では、友人と遊ぶ、一人で遊ぶ時間が4対6くらいの割合になってきました。< /br>私は休日の過ごし方は、二通りあります。< /br>一つは友人と遊ぶ。< /br>もう一つは、一人で遊ぶ。けど、部屋から出るか出ないか。< /br>大人になることで自立し接し方を学びましたが、休日の過ごし方は些か昔と変わっただけです。< /br>今回は、私の休日の過ごし方を一人の場合と、友達と過ごす場合を綴っていきたいと思います。< /br>みなさんは休日の過ごし方はどうされていますか。< /br>私と共感してくれる方はいらっしゃるか少しドキドキします。< /br>< /br>< /br>②友達編< /br>まずは友達と休日を過ごすときを綴っていきたいとおもいます。< /br>私の友達は、大変映画が大好きな子と、買い物が大好きな子、そして休日を返上しライヴに出掛けるのを生き甲斐にする子がいます。< /br>映画が大好きな子と休日を過ごすと、まず朝一番に映画館にいきます。< /br>手慣れた方法でチケットを購入、ポップコーンとコーラ、パンフレットをまた購入し映画をみる。< /br>これを大体、1日3〜4回繰り返します。< /br>次に、買い物が大好きな子。< /br>この子は、大好きを多分こえて買い物キラーとか、買い物しちゃう病だと、最近私は思うのです。< /br>だって1日にお店やショップ、大型ショッピングセンターを回る量が通常回数をこえているのです。< /br>そしてそれにかける料金も数万単位。< /br>これを月に2回ほど。私がこの子と付き合うとお金の単位が麻痺します。< /br>最後の一人は、前日に夜行バスに乗りライヴ開催地域へ向かいます。< /br>そして我を忘れるくらいの熱狂的な応援と私を付き合わせます。

自己破産 大阪

パネライ 買取

鍼灸 専門学校

港区高輪 不動産

春日井の歯科なら